• ホーム
  • カンジダ症を漢方薬で治すメリット、デメリット

カンジダ症を漢方薬で治すメリット、デメリット

女性を診ている医者

一般的に、漢方薬は様々な成分が存在する生薬を配合することで薬としての効果を発揮しています。反対に、西洋医学的に開発された医薬品は完全に化学的な化合物によって開発されているという違いが存在します。ただ、配合方法や使い方が異なるだけで西洋医学的な医薬品と同様に副作用などのデメリットも存在します。副作用については人それぞれでかなり異なりますが、植物由来の成分が多いことから、合っている人と合わない人が大きく分かれる傾向があります。そのため、基本的には患者の体に合っているものを選択することが大切なので、それらのメリット面とデメリット面を理解しておくことが大切です。漢方薬は、市販などでも気軽に入手できるケースが多いです。実際に、インターネットなどを利用して通販で購入することができるものも存在しますので、民間医療的に使える代表的な医薬品の一種です。費用に関しては、市販で購入するものも病院で処方してもらえるものも安く入手できる手段があります。特に、病院での入手に関しては保険の適用が存在しないと誤解をしている人も少なくありませんが、漢方薬は数十年も前から保険の適用を認められている医薬品であるため、費用が自然と安くなる仕組みもあります。患者の要望によっては、積極的にこういった製品を処方している病院もあるくらいなので、この点は間違えないように覚えておくことが重要です。カンジダに効果があると考えられている漢方薬には、瀉火利湿顆粒というものが存在します。瀉火利湿顆粒は、下腹部への効果が大きい漢方薬の一種で、特に残尿感や女性特有のおりものに対して効果的です。性病特有の排尿痛などにも効果的ですので、症状の緩和を期待できるメリットがあります。また、竜胆瀉肝湯という漢方薬も存在します。竜胆瀉肝湯も、下腹部への痛みや熱によく効くと考えられています。瀉火利湿顆粒との違いは、特に熱を排除する効果が大きいところです。熱に関連する症状であるのならば良い結果を期待できますので、カンジダなどによって患部が炎症している時には、その痛みと熱を緩和できる可能性があるという利点が存在します。さらに、苦参湯という漢方薬もカンジダに効果があるとされています。苦参湯は、他の漢方薬と異なって殺菌作用が存在すると考えられているものです。元々、この漢方薬のもとになっている植物に、殺菌作用が含まれています。実際に、この成分はアトピー性皮膚炎の治療にも役立てられていますので、カンジダなどによって生じた皮膚疾患にも一定の効果を期待できます。