• ホーム
  • カンジダ膣炎ってどうやったら予防できるの?

カンジダ膣炎ってどうやったら予防できるの?

カプセルのスプーンと皿を持っている女性

カンジダ膣炎は、カンジダ菌と呼ばれる真菌が原因で発症する病気であるためこの真菌に感染しないようにすることが予防の近道です。真菌とは、一般的に述べるとカビに分類される細菌のことを指します。カビは、日常生活を送っているうえで避けては通れない菌の1つで、何もしていなくても体に付着したり生息したりしているものです。他の性病と比較して覚えておかなくてはいけないのは、カンジダ膣炎は性行為だけで感染するわけではないという点です。性行為以外であっても感染するリスクが高いものであるため、対策や予防法も全く違います。性病は、パートナーから病原菌を移されてしまうことが原因で発症することがほとんどです。しかも、クラミジアや梅毒といった病気を発症させる細菌は非常に繁殖力が強く、免疫力が強い人であっても感染しやすいというデメリットが存在します。こういった性病における細菌というのは、文字通りのウイルスやバクテリアのことで真菌のようなカビとは異なります。現実的な治療法の違いをみても、クラミジアや梅毒の場合は治療でより効果の強い医薬品を使わなくてはいけません。こういった医薬品は、一般的に抗生物質と呼ばれているものであり、ウイルスそのものを殺菌する力を持っています。反対に、カンジダ膣炎の場合はそこまでしなくても免疫力の向上などで未然に防ぐことができるものですし、市販で購入できる抗真菌薬で十分に対応することも可能です。ですから、性病のカテゴリーに入っている病気とは立ち位置が違うことを理解しておく必要があります。特に、女性の人は性器周辺にも日常生活の中で感染してしまうリスクが高く、事前に薬などで予防をしておくことが大切になります。日常生活を送っていく中で真菌に感染したとしても、本来は免疫機能などが働いてこういった悪いカビを防いでくれる働きが存在しています。しかし、日ごろのストレスや疲れによって体の免疫機能が低下してしまっているときには、カンジダにも感染しやすい状態になってしまいますので、そこから一気に増殖することがあります。そのため、日常生活の中でも免疫機能を向上させるように気を付けておけば、それだけでも対策や予防としては大きな効果を発揮できるといえます。また、カンジダ膣炎を含めた真菌の怖いところは、再発率が非常に高いという点です。再発防止を含めた予防を行っておかないといけませんので、医薬品などを利用する際にも再発防止の効果が存在するかなどを確認することが大切になります。