• ホーム
  • トリコモナス症の感染経路

トリコモナス症の感染経路

トリコモナスは、普通の性病と違って原虫が原因です。膣トリコモナスという原虫が、膣や尿道を感染経路として侵入して発症します。尿道を感染経路としている背景からも、尿道が短い女性が特に感染しやすい傾向があるという特徴が存在します。性行為を行うことで感染するため、トリコモナスに感染している患者は他の性感染症にも感染している確率が高くなりますので、より感染しやすいオーラルセックスなどは避けるべきです。感染した患者は、性行為のとき痛みが生じやすくなります。陰部が過敏になりやすいので、刺激を与えると我慢ができないくらいの痛みが生じてしまうこともあります。実際に、重度の患者になると炎症を引き起こすことになります。炎症を起こした周辺の組織は腫れあがりますので、見た目にも症状がわかりやすくこの段階までいくと自覚症状として認識することが可能です。また、日常生活に関しても支障をきたすケースが目立ちます。これは、尿道を感染経路としていることが大きな原因となっています。尿道から入り込んだ場合には、尿道あるいは尿道周辺の組織に対して悪影響を与えることになりますので、膀胱炎のような状態になってしまいます。当然、排尿を行うときにも痛みが生じるようになりますので、日常的に痛みを経験するようになります。このような状態になってしまったときには、すぐにでも病院に相談にいかなくてはいけません。反対に、男性の場合は実は自覚症状も痛みも存在しないケースが目立ちます。これは、感染経路の性質上で男性側は感染しづらい性質にあるからです。男性は、女性と違って陰茎の形が違いますので尿道が長いという傾向があります。膀胱炎などの症状も女性に発症しやすいですが、これも尿道が短い女性は細菌が尿道から入ってきやすい性質が存在するからに他なりません。男性は、自然とこれらの病原菌に強い体の作りになっていますので、この違いは非常に大切です。しかし、トリコモナスに感染している男性患者は、知らないうちに女性にその原虫を移してしまう可能性があります。自覚症状が無くても、パートナーが存在するときにはオーラルセックスは避けるべきですし、違和感があるときは必ず一度性病の検査を受けておくことが大切です。原虫が原因であることから、抗生物質を利用した治療法が有効です。抗菌薬を経口で投与することができますので、治療を進めていくこと自体はそれほど難しくはありません。継続的に1週間程度治療を進めていけば完治する可能性が高いです。