• ホーム
  • ドラッグストアで買える膣カンジダ症はある?

ドラッグストアで買える膣カンジダ症はある?

手で持たれる薬

膣カンジダ症は、症状によっては病院に行って治療を行わなくても状態を緩和させることができます。ドラッグストアで買える医薬品というのは、基本的に一般用医薬品として提供されているものであるため、文字通りすぐ手に入るという特徴があります。こういった市販薬は、特に診断書などを所持していなくても気軽に購入することが可能であるため、病気を発症させてしまった時の対処を楽にできるというメリットがあります。市販で提供されているからといって効果が低いわけではなく、病院で処方してもらえる医薬品とさほど効果は変わりません。ドラッグストアには専門の薬剤師が常駐している所もありますから、そういった専門家に意見を聞くことも可能です。現実的にも、効果がある市販薬として代表的なものが既にいくつか提供されています。まず、フェミニーナ膣カンジダ錠はデリケートゾーンのかゆみなどをとってくれますし、カンジダの再発を防いでくれる働きがあります。症状に関しては、軽い症状であるときに良い効果が出やすいので初期段階のときにフェミニーナ膣カンジダ錠を利用すると良い効果を得られる可能性が高いでしょう。メディトリートクリームでは、有効成分であるミコナゾール硝酸塩が利用されています。これは、カンジダ菌に対する抗菌作用が存在するものですので、メディトリートクリームを使えばカンジダによる不快感を抑えることができるメリットがあります。そして、シュトガードもメディトリートクリームと同様でミコナゾール硝酸塩が使われています。シュトガードにもカンジダ菌への殺菌作用が存在しますので、どちらか合うものを選択して使うことが好ましいです。エンペシドLには、抗真菌成分であるクロトリマゾールという有効成分が存在していることが特徴です。特に、カンジダの再発防止に高い効果を発揮することがわかっています。発泡性の錠剤であるという特徴もありますので、エンペシドLの利用時には自分の症状と治療目的が合致しているのかを確認することが大切です。フレディCCもカンジダへの再発防止に効くという特徴が存在しますが、有効成分が異なります。この医薬品には、イソコナゾール硝酸塩という有効成分が入っていますので、他の医薬品を使って効果を確認できなかったときにはフレディCCで一定の効果を期待できるというメリットがあります。ドラッグストアで入手できる製品は、あくまでも医薬品であるため副作用も存在します。ただ、それぞれの製品で異なる有効成分が使われているため、自分の体に最も適したものを選択することが重要です。そうすることで、小さな副作用で高い効果を期待することができます。