• ホーム
  • 免疫が落ちるとなりやすいカンジダ膣炎、他に気を付けること

免疫が落ちるとなりやすいカンジダ膣炎、他に気を付けること

心配している女性

カンジダ膣炎は、特に人間の免疫機能が低下したときに大きな繁殖力を発揮します。言い換えると、日ごろから免疫機能を向上させるように注意をしておけば、滅多な事ではカンジダにはなりません。しかも、カンジダに関しては発症しやすい環境がある程度特定されていますので、そういった状況にならないように気を付けておくことで症状を予防できます。まず、気を付けておかなくてはならないのは蒸れるような環境を作らないことです。女性の場合は、締め付けのキツイ下着やストッキングなどを着用することが多いですが、実はこういった環境下で真菌は繁殖しやすい傾向があります。通常のカビと同様で、湿気の多い場所で感染しやすいと考えておけば間違いありませんので、免疫機能が落ちていると判断できるときにはゆとりのある服装をしておくのも1つの手段です。また、女性は生理がありますのでナプキンなどをこまめに取り換えておくことも有効です。生理期間中は、特に性器の状態が不安定になって蒸れやすい状況になります。そのまま放置しておくとカンジダになりやすくなるため、注意が必要です。免疫機能と並行して大切なのが、実は食事のバランスです。カンジダ膣炎は、糖尿病との関連性が指摘されています。統計的なデータをみても、糖尿病になっている患者はカンジダ膣炎を発症しやすいという報告もされていますので、糖質をとり過ぎないように注意をしなくてはいけません。栄養バランスを考慮した生活が、結果的に免疫機能を向上させるとともにカンジダ膣炎を防ぐ効果を生みだします。一方で、やってはいけない禁止行為も存在します。それは、実は抗生物質を利用して勝手に治療をすることです。カンジダは多くの性病のような悪い細菌による病気ではないので、抗生物質を利用すると人間の体に存在している善玉菌を間違って殺菌してしまう可能性があります。実際の報告例でも、抗生物質を服用したことによって逆にカンジダ膣炎が悪化したという事例が報告されています。そのため、抗生物質を使った治療行為は必ず禁止するように心がけることです。当然ですが、自力で問題を解決できないときには病院の婦人科に行くのが一番早いです。婦人科では、抗真菌薬が多く準備されていますので、感染した患者に最も適している医薬品を処方してくれます。特に病院の抗真菌薬は、治療に役立てることができるだけではなく予防の効果もありますので、利用する価値は非常に高いといえます。