• ホーム
  • 水疱瘡はヘルペスウイルス!ヘルペス治療薬バルトレックスで対処できる?

水疱瘡はヘルペスウイルス!ヘルペス治療薬バルトレックスで対処できる?

ヘルペスは、人間に対して悪影響を与えるウイルスとして認識されています。性器ヘルペスはとても有名な症状の1つですが、実はこういった感染症は1種類で構成されているわけではありません。細分化していくと、ヘルペスにはいくつかの種類が存在することがわかっています。実際に、ヘルペスウイルスには、数多くの種類が存在していてその中の1つの種類に水疱瘡を発症させるものが存在します。原因となっているウイルスは水痘帯状疱疹ウイルスと正式には呼ばれているもので、ウイルスが存在している飛沫を吸収することで容易に感染してしまうという性質があります。そのため、感染力は低くなく注意をしないと周囲の人に簡単に感染してしまう可能性があります。また、水疱瘡を発症させている人はヘルペスウイルスを保菌していることになりますが、こういった保菌状態で最も周囲への感染力が高くなるのは症状が発症した直後です。潜伏期間中はそれほど問題にはなりませんが、ウイルス所持者が症状を発症させると爆発的に周囲に感染させてしまうことがありますので、原因を特定できた段階ですぐに治療しなくてはいけません。原因を特定する際には、潜伏期間に注意をする必要があります。例えば、水疱瘡の場合は感染後2週間程度の潜伏期間が存在しますので、その期間中に症状が悪化して飛沫感染してしまう可能性は否定できません。特に、水疱瘡に関しては予防接種などの問題もあって免疫力が存在する人としない人が極端に分かれています。予防接種などをしていなくて免疫力が存在しないときには、潜伏期間にずれが生じることもあるため注意深く経過観察をすることが大切です。治療に最も効果的だと考えられている治療薬に、バルトレックスと呼ばれる医薬品が存在します。基本的に、ヘルペスによる疾患は早期に発見して細菌の増殖を防ぐことを目的として対処をしなくてはいけません。この点、バルトレックスは発症期間をできる限り短くして治療することができる効果が存在するため、理想的な治療薬として提供されています。性器ヘルペスについては再発防止を行う効果も期待できますので、一石二鳥の医薬品です。医学的な観点からも、バルトレックスは水疱瘡などに対しても効果的であることが確認されています。根本的にウイルスの増殖を防いでくれますので、種類の異なるヘルペスウイルスであっても一定以上の効果を期待でき、それ以上酷い症状にならないように緩和してくれます。